「黄金線 The Golden Line」2017

9月12日(火)~17日(日)
Art Space Niji

「黄金線 The Golden Line」

原始、人は宇宙との交信手段として線を描いた。
近代、人は自由に想像を創造する手段として線を描く。
人は、この世に有るものや無いものとのコミュニケーションを欲望し、知りたい、願いたい気持ちを線に乗せて、放ち、捕まえようとする。

その線のたどり方を凝視するならば、線の線が見え、色がその個性を表す。
「繋がる」「続く」「残る」線が生まれたその痕跡やそれぞれの色の交信は、抽象的な関係から独立し、翻訳され、こちらにに語りかけてくる。
線は線自身によって描かれ生き残る。そこに計算と乾いた答えはない。湿度を生み、ヴォリュームが生まれ、発展し、変身する。
線は絶えず治療と治癒を促し、自らを再構成し、自由な未来を切望している。今は動かずじっと待っていなくてはならない。丁寧で優しい眼差しが必要である。
線は遠くて近い自身の宇宙への接近であり、神経を自由空間へ解放するものである。

私たちは今日までよく戦い生き残ってきた。
血と骨のために血と骨と、愛する者のために愛する者と、思い出のために思い出と、悲しみのために悲しみと、日常のために日常と、生きる場所のために生きる場所と、歴史のために歴史と、希望のために希望と、自由のために自由と、よく戦い生き残ってきた。

0 thoughts on “「黄金線 The Golden Line」2017”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *