「野生女 Woman of the Wild」2018

2018年10月23日(火)~28日(日)
galerie 16

「野生女 Woman of the Wild」
-たちあがり、つなぎ、つつむ-

ある日、数日間に渡る耐え難い異臭の元が小さな小さなネズミの死骸によることが分かり、その骨と皮だけの真っ白な美しい死骸を見て私は「女の子だ。」と思いました。その後「死臭とは怒りである。」という言葉を耳にしました。そして、アラスカシャーマンの、手に大きな白い手を付けて病気の子供を治癒する儀式の画像に出会いました。この一連の出会いで私は思い馳せました。今までの人類史の中で、怒りと悔恨を抱きしめて死んでいった人たち、それを感じる間もなく逝った人たち、そしてそれに続く私たち。作品を観るどなたにでもそれぞれに生まれる何かを、優しい何かを手渡したい気持ちで作品を作りました。

0 thoughts on “「野生女 Woman of the Wild」2018”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *